道産子、ベナンへ行く。

ベナン・ジュグーでJICA青年海外協力隊・野菜隊員として活動中!

キャベツ収穫が始まった

相変わらず、近所の畑で働いています。今日は朝からキャベツ収穫。やり方は日本とは全然違います。

 

まず、おばちゃんたちがキャベツを切っていく。切り方はてきとう。虫食いがひどいやつとあまりにも小さすぎるものは取らないけど、規格は無いので大きさはそれぞれ。で、投げて山にしていく。

 f:id:aqua333:20171122054416j:plain

次に、男の人たちが袋にこれでもか!というくらいギュウギュウに詰めていく。

 f:id:aqua333:20171122054826j:plain

そして、上から袋で閉じる。針とヒモを使う。

 f:id:aqua333:20171122055155j:plain

キャベツの上に座って朝ごはん。

 f:id:aqua333:20171122055501j:plain

でっかいトラックに積み込む。さすがに数人で運ぶのかな?

 f:id:aqua333:20171122060132p:plain

と思ったけど違った。

f:id:aqua333:20171122060421j:plain 

力持ちの3人くらいが主に運んでた。1袋、100〜120キロあるらしい。すげえ。

f:id:aqua333:20171122062731j:plain

このキャベツは経済首都・コトヌーのダントッパ市場に運ばれます。1袋の価格は約9000Fcfa(=1800円)で取引される。畑で働いている人はたくさんいるけど、彼らの給与体系は不明。今度聞いてみよう。

 

さて、今日は夕方にニームオイルの営業が来ていたので一緒に話を聞いてきました。ニームオイルは害虫駆除に使われる自然農薬。

 f:id:aqua333:20171122060907j:plain

ジュグー中心部の4農場の各代表が集まり、フランス語の説明を聞く。しかし4人中2人はフランス語が分からないので、分かる2人が現地語に訳す。

 f:id:aqua333:20171122061143j:plain

という感じで30分くらい色々話して、みんなで10本買ってた。私が働いている農場の代表も、トウガラシに使ってみるよ!と言っていた。今は化学農薬使ってるから、ニームオイルが成功して根付くといいなぁ。

 

私はボカシ肥料を作って見せてみようと考え中。農場の代表が、材料探しを手伝ってくれています。焦りたくないけど、農業は季節に左右されるのでできるだけ早めに前に進みたいと思ってしまう。気楽に行こう。